アルバム・オブ・ザ・イヤー 2017

大晦日です。 今年もアルバム・オブ・ザ・イヤーを発表します。

今回もいつも通り、今年聴いて印象に残った音楽を紹介します。 今年発表かどうかや今年初めて聴いたかどうか、アルバムかどうかなどは問いません。

Bandcamp Daily を読むようにし始めたのですが、いろいろなジャンルの音楽がドカドカ流れ込んできて、しかもどれも普通に流しておけるクオリティなので「ピンと来ないなー」と言ってパッと飛ばすこともできず大変まずいです。 現在既に"あとで聴く"が4~5ヵ月分くらい溜まっているので、来年はなんとか時間の流れに追いつけるようにやっていけるといいなと思います。

今年もそれぞれにコメントを書くのに苦労しました。 シーンに対する深い知識と理解がないとなかなか意味のあることは書けないなと思います。 そのような技倆は持ち合わせていないので、主観を大事にして全部「よいです」みたいな感じでやっていきたいと思います。

アルバム・オブ・ザ・イヤー

Mammal Hands - Floa (2016)

UK ニュージャズ?トリオの 2nd です。 今年 3rd が発売されていてそちらもよかったのですが、 年始ごろに出会って印象的だった 2nd の方を選びました。 1st もよいです。

ポストロックっぽいところがあるのが自分にウケているのかなと思います。

かなり聴きやすいと思うので、万人におすすめできるアルバムです。

Youtube で検索

ノミネート

AFX - Orphans (2017)

https://d1rgjmn2wmqeif.cloudfront.net/extra/l/ReleaseProduct-86520-33565.jpg

未発表曲なのか何なのか、AFX でいいのか Aphex Twin なのか、いろいろ詳しくないですがよいです。

Aphex Twin 好きなのでアンビエント系もいろいろ掘れば何か当たると思うんですが奥が深そうで手を出せていません。

aphextwin.warp.net Youtube で検索

Animals as Leaders - The Joy of Motion (2014)

アルバム・オブ・ザ・イヤー 2016 には彼らの 4th を選びました。 今年の2月に来日公演があり、その後 3rd にドハマりして結構聴いていたので入れておきます。

Youtube で検索

Artificial Language - The Observer (2017)

くどいほどのクラシカル成分がよいです。

Youtube で検索

Crumb - Locket (2017)

深夜に聴きたいサイケロックです。 Bandcamp Daily で見つけました。

Youtube で検索

Cynic - Uroboric Forms - The Complete Demo Recordings 1988-1991 (2017)

1st Focus 以前のデモ集です。 メンバー等考えれば当たり前ですが Cynic + Death + Atheist といった感じでよいです。

Death の Lack of Comprehension の PV でブンブンヘドバンしてるだけで「あの Paul Masvidal がヘドバンしてるウケる」みたいな感じになるのに、この頃はあの Paul Masvidal がゴリゴリのテクニカルデスメタルを(たぶん)歌っていて、かなりウケる内容になっています。

Youtube で検索

Defeated Sanity - Disposal of the Dead // Dharmata (2016)

Disposal of the Dead と Dharmata という2つの作品がくっついたアルバムになっており、前半は Defeated Sanity らしいブルデス、後半は "an homage to old school progressive death metal" ということで初期 Cynic, Death, Atheist みたいな感じの曲になっています。 どちらもおいしくいただけます。

Bandcamp に上がっているジャケ画の左右の中心がズレていてすごく気になります。

Youtube で検索

Dream Theater - Images & Words (1992)

アルバム25周年ということで完全再現ツアーがありました。 高校の頃聴いていたときは Pull Me Under にそんなに魅力を感じなかったのですが今になって「スゴイ曲だなー」と思うようになりました。 後期の Dream Theater からは個人的にいろいろと力業感を受けるのですが、この頃はなんだかプログレッシブ成分とメタル成分の不思議な調和がとれている気がして、ライブ中にこの一枚が名盤である由縁を再確認しておりました。

余談ですが、その完全再現公演の中で(確か)Metropolis, Pt. I の途中でマンジーニがドラムソロ入れてきたときは「えっ今?」と思いました。

Youtube で検索

Emperor - Anthems to the Welkin at Dusk (1997)

こちらはアルバム20周年ということで完全再現ツアーがありました。 ポストブラックでないブラックはそんなに聴かないので Emperor も有名曲しか知らなかったのですが、友人にしつこく誘われ観に行きました。 Alsvartr (The Oath) から Ye Entrancemperium への流れはかっこよすぎますね~。 よかったです。

ところで Emperor のロゴは最高に美しいと思うのですが、その話をその友人にしたら中二病だと言われました。

Youtube で検索

Frequency Eater - Finite States (2017)

ぼっちインストゥルメンタルプログレッシブメタルです。

Youtube で検索

Griffo - Cosmos Egg (2016)

https://lh3.googleusercontent.com/5jTOzeGMjGnwGcczbEYK60zdccHBthaP6vQ_5a-33xOhw6cvG-Qvj4Ge5b1nxvzAgdJxif39=w300-rw

中国のポストロック・マスロックシーンがたぶんかなりアツいんですが、全然漁れていません。 浮遊感のある感じが気に入っています。

まったく関係ない話として、前作?は bandcamp にあるのにこれはないので、これも置いてほしいです。

Youtube で検索

Internal Suffering - Cyclonic Void of Power (2016)

清々しいヒーリングミュージックです。

Youtube で検索

Leprous - Malina (2017)

アルバム全体としてはまだピンと来ていないのですが、Youtube に数曲上がっている Official Video 付きの曲は気に入っています。

Youtube で検索

Liturgy - The Ark Work (2015)

発表時には問題作と言われたりしていたこの作品、最初は「十分許容できるしむしろよい」くらいだったんですが、今年になってドハマりしました。 Ill で dope です。

Youtube で検索

Meshuggah - The Violent Sleep of Reason (2016)

プログラミングして同期してるからと言ってしまえばそれまでなのですが、曲とマッチした照明が trippy でした。

Youtube で検索

Radiohead - OK Computer OKNOTOK 1997-2017 (2017)

のっぴきならない事情により去年のサマソニに行かなかったことを最近後悔し始めました。 というか Radiohead 自体長きにわたり聴かず嫌いしていたので、それも後悔しています。

Youtube で検索

Respire - Gravity and Grace (2016)

トランペット・サックス・ヴィオラがいい味出してるブラックゲイズです。

Youtube で検索

Save Us from the Archon - Melancholia (2017)

全曲同じじゃね?みたいな声もあると思いますがよいです。

Youtube で検索

Soen - Lykaia (2017)

アルバム・オブ・ザ・イヤー 2017 次点です。 古き良きプログレッシブロックのレトロさとモダンなヘヴィネスが高い完成度で融合しています。

Youtube で検索

ZAZEN BOYS - ZAZEN BOYS 4 (2008)

ベース吉田一郎脱退ということで残念ですが、向井秀徳ならまた面白い人を連れてきてくれるんじゃないかなと思っています。

Youtube で検索